~男の子3人子育てと、日々の気になることあれこれ~

ゆりの育ログ!

育児サービス 英語教育

5歳の幼児がネイティブキャンプを受けた感想

更新日:

ゆり

こんにちは!
『ゆりの育ログ!』をご覧いただき、ありがとうございます。

「英会話、英語」は常に習い事の人気ランキング
上位に入っていますよね。

お子さんに英語を習わせたいな、
と思っているパパさんやママさんも多いと思います。

私も、子供たちには小さいころから
英語に触れてほしいなと思っていました。

でも、下の子がいるので、
なかなか習い事の送り迎えも大変です。

そこで、我が家の長男は、
オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」
を利用しています。

実際に使ってみた感想を記載していきたいと思います。
 

Sponsored Link
 

ネイティブキャンプを選んだ理由

ネイティブキャンプを始める前に、
5社ほど、体験レッスンを受けさせました。

子ども専門のオンライン英会話も何社か体験しました。
・グローバルクラウン(GLOBAL CROWN)
・hanaso kids(ハナソキッズ)
・ripple kids park(リップルキッズパーク)
・Gakken
などです。

先生はとてもやさしく、
長男でもわかりやすいように
ゆっくり、簡単な言葉で話してくれました。

グローバルクラウンは日本人の先生だったので、
わからないところは、日本語で説明してくれました。

やはり、子供専門のレッスンは、飽きないようにゲームを取り入れたり、
教材も工夫されているなーと感じました。

しかし、いかんせん料金が高いのです!

私としては、毎日コンスタントにレッスンを
受けさせたかったので、週に1回や2回というのは考えていませんでした。

その点、DMMやネイティブキャンプだと、
子供専用のオンライン英会話1ヶ月分(週に1回か2回)の料金で、
毎日レッスンが受けられます!!

特に、ネイティブキャンプだと、毎日、何度でもレッスンが受けられます!!

そして、うちはすでに主人がネイティブキャンプをやっていたので、
家族会員は「ファミリープラン 1980円」でレッスン受け放題!!

ゆり

コスパすごすぎーーー!!

ということで、ネイティブキャンプに決定しました。

ネイティブキャンプの良いところ

5歳の幼児がネイティブキャンプを受けた感想

なんといってもコスパ!!

これは先ほども言いましたが、
月1980円で、毎日何度でもレッスン受け放題は
コスパが良すぎます!

「ファミリープラン」すごすぎます。

もし、すでにネイティブキャンプをされているご家族がいる場合や、
これから一緒に始めようかな、と思っている方には最高のプランです。

予約なしでレッスン可能

予約なしですぐにレッスンが受けられるので、
「あ、今からレッスンしたいな!」
というとき、すぐにレッスンが受けられます。

「お気に入りの先生に、この時間にレッスンしてほしい」
という場合は、だいたい200円で予約もできます。

キッズコースがある

ネイティブキャンプには、キッズコースがあり、
子供対応可能の先生もたくさんいます。

兄弟にも話しかけてくれる

これは、講師によって違うかもしれませんが、
長男のレッスン中に次男がくると
”What’s your name little brother?”
などと話しかけてくれます。

他の子供専用オンライン英会話で、
「兄弟一緒にレッスン可能」
というところもありますが、
そうではないところでは、レッスン対象の子供にしか
話しかけてくれませんでした。

次男が
「なんで僕には聞いてくれないの〜〜??」
と拗ねたりしていたのですが、
少しでも話しかけてくれると、すぐに満足して
自分の遊びに戻っていきます。

 
Sponsored Link
 

ネイティブキャンプのよくない点

5歳の幼児がネイティブキャンプを受けた感想

レッスンしたい時間に講師がいないことがある

これは、「予約不要」のメリットの裏返しだと思いますが、
今レッスンしたいな〜と思って、講師検索すると、
大体の先生が「レッスン中」です。
時間によっては全く空いている先生がいません。

特に、こども対応可能の先生は、
「午後3時〜6時くらい」
は、なかなか見つけることができません。

やはり、幼稚園や学校から帰ってくる時間帯は
みんなレッスンを受けたい時間帯なのでしょうね。

この点がネイティブキャンプの
1番のデメリットです。

「さあ、レッスン始めようか〜」
と子供に声をかけたあと、
空いてる先生いないな〜となった場合、
子供はおもちゃで遊び出してしまいます・・・。

そして、「あ、先生いたからレッスン始めるよ〜」
と声をかけても、
「今レゴ作ってるのに〜」
となかなか来てくれないこともあります。

我が家では、
キッズが集中するであろう時間を
避けてレッスンを受けるようにしています。

夕食のあと(午後7時ごろ)や、朝幼稚園に行く前(朝8時)などは、
比較的、空いている先生が多いので、
すぐにレッスンを受けることができます。

キッズコースは別途教材費がかかる

キッズコースを受けるには、
「LET’S GO」
という市販の教材を用意する必要があります。
これは、2000円くらいでした。

他にも大人向け初心者用の無料教材もありますが、
イラストなどがなく、基本文字を読んで進めて行くので、
文字の読めないキッズはなかなか難しいと思います。

ほかのオンライン英会話では、キッズ教材が無料のところも多いので、
この点もネイティブキャンプのデメリットですね。

合う講師、合わない講師がいる

これは、どのオンラインでも同じだと思いますが、
子供の性格に合わない講師もいます。

こどもが教材でのレッスンに飽きて来たり、
疲れてきたなーという感じでも、
スパルタで(笑)どんどん進めようとする講師もいます。

逆に、
”Do you wanna play game?”
といって、少しブレイクを挟んでくれる講師もいます。

「楽しくレッスンしてほしいのはもちろんだけど、
遊んでばかりいないで、レッスンを進めてほしい!!」
と思うパパさんやママさんもいらっしゃると思いますし、
特に、学年が上になってレッスンにもなれてくると、
しっかり授業を進めてほしなと思いますよね。

レッスンのはじめに、親が
「疲れてそうだったら少し遊びも取り入れてほしい〜」
などを講師に伝えておくといいかもしれません。

毎回違う講師だと、
どのようにレッスンしてほしいか、など
毎回伝えなければならないのはデメリットですよね。

同じ先生にレッスンしてほしい場合は、
講師予約(200円くらい)を利用するのもいいと思います。

さいごに

デメリットもありますが、
やっぱりネイティブキャンプはコスパがすごいです。

我が家はこれからも
ネイティブキャンプのお世話になります。

これからネイティブキャンプはじめようかな〜?
と思われている方の参考になれば嬉しいです。
 

Sponsored Link
 

-育児サービス, 英語教育

Copyright© ゆりの育ログ! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.